珈琲テンプル神戸

ブレンドの産地・特徴

エル・インヘルト

農園名:エル・インヘルト・ウノ農園
農園主:アルトゥロアギーレ
エリア:ウエウエテナンゴ
プロセス:フーリーウォッシュド
品種:ブルボン100%
標高:1.500~2.000m
認証:レインフォレスト・アライアンス

エルインヘルト農園は、グアテマラ北西部ウエウエテナンゴ県の谷沿いに深く入ったラ・リベルタ村に位置し、敷地面積750ヘクタール(コーヒー栽培エリア250ヘクタール)の広大な敷地の中で営まれています。
この地区は平均気温が16~28℃と冷涼で、年間降水量は1800~2000mmと適度な湿度があり有機物質に富んだ火山性の土壌を有します。明確な乾季が均等な開花熟成を生み、結果として最上級の酸味、ボディ、味わい、ほのかなワインのようなアロマを持ったコーヒーを生み出します。

現在は3世代目と4世代目で経営しており、とても歴史があります。精密な農業による土壌作りと収量より質のコーヒー作りを信念に、農園を運営されレインフォレスト・アライアンス認証を持ちながらも更なる環境向上への取り組みやカーボン・ニュートラル認証取得に向けても活動中です。

コーヒーの種子の品質管理、収穫作業からの精製処理、高度な判別作業、パッキング作業等の全て工程を一貫して行っております。
更に農園で働いている人々の育成や健康管理、モチベーションの向上にも力を入れ、取引先の各国のロースターとの繋がりもとても大切にしております。
生産国の中でもトップクラスの農園の一つです。

ヴィジャファテイマ

農園名:ヴィジャ・ファティマ生産者グループ
責任者:カミーロ・メリサルデ
エリア:サンアグスチン(ウイラ県)
プロセス:フーリーウォッシュド
品種:ティピカ 100%
標高:1,780-1,823m

ウイラ地方はトリマ、クンディナマルカ、メタ、カウカに隣接しています。そして東部と中部の二つのアンデス山脈に挟まれその間をマグダレーナ渓谷が走っています。

コロンビアのコーヒー産地の中でもっとも南東に位置し、ここでしか味わえない素晴らしいフレーバーをもつコーヒーの産地として知られています。

火山灰による肥沃な大地でまた、一年を通して適度な降雨と温度により、高い所では2,000mを超える高地にも拘らずコーヒー栽培を可能にし、その温暖な気候により年間を通じて何度もコーヒー樹の開花を迎えます。

コーヒー生産者の多くが小規模農園で、家族総出で丹念に育てられています。これこそがウイラ産コーヒーが素晴らしいといわれる所以です。
ウィラは、原産地呼称制度により産地ブランドが守られています。

登録されていない商品や業者が、ウィラ産コーヒーと銘打って販売することは許可されない為安心して、確実にウィラ産のコーヒーを取り扱えます。
ヴィジャ・ファティマはサンアングスチンにある小さな町で、マグダレーナ川の西岸に位置します。生産者の多くが2~3ヘクタールの零細農家ですが、耐病性が低く、収量の少ないティピカ種を丹精込めてを生産しています。

ウイラ産ティピカ種はバランスのとれたマイルドなボディーと甘さ、液体の綺麗さが特徴です。

ブラジル・ハインニャ

農園名:ハインニャ農園
責任者:ホセ レナト カルヴァーリョ ディアス
エリア:モジアナ  サン・セバスティアン・ダ・グラマ/サンパウロ州
プロセス:ナチュラル
品種:イエローブルボン
標高:1,150m~1,350m
荷姿:30kg INNOVATION BAG

ブラジル南東部内陸、ミナスジェライス州南部の都市ポソスデカルダスからサンパウロ州に入ったグラマ渓谷にハインニャ農園はあります。

ハインニャ農園はブラジルのコーヒー農園の中でも高地に位置し地理的条件と優れた気候がSpecialty Coffeeに適した場所です。280ヘクタールあるコーヒー栽培面積のうち、200ヘクタールでイエローブルボンを栽培しています。

このイエローブルボン、完熟すると黄色(ポルトガル語でアマレロ)になります。自然のイタズラと人々の情熱が1つの結晶となりました。

同農園では、全作業員を農園内に住まわせており、一時的な雇用ではなく作業員の生活を確保しています。又、医療・健康保険も完備しており、健康の維持にも努めています。最近では建築家のオスカル・ニーマイヤー氏により、コンピュータ科学学校や教会が設計され、生活の向上に取り組んでいます。

現在農園経営の効率化を図り、2008年にUTZ認証社会環境マネージメントシステムを実行し、農園管理者のディアス氏は農業技師の資格を取得して更なる味の向上に努めています。

一貫した取組みの結果、2000年・2001年・2005年・2006年・2008年~2010年と7度カップ・オブ・エクセレンスの国際審査に入賞しています。

パッセイオ・ブラジル

農園名:パッセイオ
農園主:アドルフォ エンリケ フェレイラ
エリア:南ミナス
プロセス:ナチュラル
品種:ムンドノーボ種
標高:1,100m~1,200m

Fazenda Passeioは南ミナス地区のコーヒー生産地帯のほぼ中心に位置するMonte Beloにある名門農園の一つになります。

標高1100m~1200mの丘陵地帯に農園が広がっており、火山性ミネラルを含んだ肥沃な土壌に恵まれ、近郊の都市アルフェナスではブラジルのミネラルウォーターの源になっている大きな湖があり水源にも恵まれています。

植付けのための土壌整備からコーヒーチェリーのピッキングまでの作業は、訓練され、技術を持った作業者を効率的に活用することから成り立っています。当農園は、3世代にわたりコーヒーの生産を行なっており、現オーナーのアドルフォ・フェレイラさんはブラジルスペシャルティコーヒー協会の副会長をされています。

常に最先端の生産技術を取り入れ、効率性の向上を求めています。続くということは変化し続けるという最たる例だと思います。

自然環境に対する配慮も抜群で、75ヘクタールの自然林を残しており、病害虫対策にペストバランスを活用して農薬の使用量を減らしています。作業者の生活、教育環境の整備等社会問題の解決にも積極的に取り組んでいます。生産処理方法はナチュラル精製で品種はブラジルでも珍しくなってきたムンドノーボ種になります。

COEやLate Harvest Competitionの常連として、世界のスペシャルティコーヒーのロースターに知られています。

COEの前身であるITCのグルメコーヒープロジェクトの農園として1997年に初めて水流によるチェリーの比重選別機とグリーンセパレータを導入したことも、Passeioの品質に関するアドバンテージを維持する要素となっています。パッセイオ農園は私が初めて訪問した農園になりますので、思い入れも沢山になります。

コスタリカ カンデリージャ

精選所:カンデリージャ
代表者:リカルド・エルナンデス
エリア:タラス
プロセス:ハニーコーヒー
品種:カトゥーラ・カトゥアイ
標高:1,400~1,650m
荷姿:30kg(真空パック)

コスタリカは中米にあり、国土の40%が熱帯雨林なので自然環境に恵まれています。
首都のサンホセがあるセントラル地方は一大コーヒー産業エリアになっております。
サンホセから車で約1時間、熱帯雨林の間を通るアップダウンの激しい道を進むと南東位置する良質なコーヒー生産地として有名なタラス地区があります。標高1,500mに位置するところにマイクロ・ミルのラ・カンデリージャがあります。カンデリージャとは【蛍】という意味で、この地が綺麗な水源地であることから名付けられました。

このミルはこの周辺でコーヒー農園を持つ9名の兄弟が共同で運営しており、彼らのコーヒーを精製している小規模なウエット・ミルです。
このエリアは寒暖差が激しいことから豆が引き締まり、栽培環境が優れている上、綺麗な水に恵まれ、精製工程も綺麗なことから雑味のないクリアな味わいが魅力です。

ハニーコーヒーとは、収穫されたコーヒーチェリーをパルパーで果肉除去された後、発酵工程をおかずにミューシレージ(粘液質)が約半分残ったままの状態で乾燥工程に入ります。
この方法によってミューシレージの甘みが豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディを持った味わいになります。

小規模ミルの利点を生かした丁寧で緻密な作業があるからこその素晴らしい味わいです。

トバコ

エリア:北スマトラ島 リントン
プロセス:スマトラ式
品種:ティピカ
標高:1200-1400m

インドネシア第四の都市メダンから車で8時間ほどかかるトバ湖は東南アジア最大のカルデラ湖で、日本の琵琶湖の約2倍の面積があります。

トバ(TOBA)高原と、その周辺は、肥沃なことで昔から知られており、この地域は、今でも活発な火山地域であります。

トバ高原は、トバ湖の周辺の地域をさし、この地域の土地が肥沃であることは、1000年前のトバ山の噴火と密接に関係しており、トバ湖は、この時の噴火によってできました。
研究者によると、この噴火は、TOBA山の山項の一部を吹き飛ばし、それが落ちることによって、噴火口を塞いだといわれるぐらい、とても大きなものであったそうです。
その噴火口を塞いだ土石は、現在、SAMOSIR島(シンガポールと同じくらいの大きさ)として、知られています。

その後、吹き飛ばされた部分と、噴火口を塞いだ土石の間にできた広大な谷間には徐々に水が溜り、それが現在のトバ湖です。沿岸は“東洋のスイス”と呼ばれる避暑地で、東岸に風光明媚なプラパット(PRAPAT)の町があります。

近年、TOBA高原には、アラビカコーヒーが植樹され、今では、マンデリンの主要産地となっています。この地域は、コーヒー栽培に適しており、ここのコーヒーは、味、コク、ともに優れたものとして、珍重されております。

マンデリン・トバコの名はトバ湖に由来しています。
周辺地域で生産される良質のマンデリン・コーヒーだけを選び抜いた逸品です。