珈琲テンプル神戸

ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ2018決勝大会

こんばんは。

ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ2018決勝大会が無事に終了しました。
私は運営のお手伝いを少ししているだけではありますが…

今回で決勝大会に参加するのは3回目で、1回目はフリー競技(プレゼンテーションあり)のジャッジを、2回目はドリップ競技のジャッジをそして今回はフリー競技のヘッドジャッジをさせていただきました。
1年ぶりにフリー競技のジャッジをさせていただきましたが、1回目の時よりは少し落ち着いて選手を見れた気がします。1回目はジャッジすることで精一杯でした…
今回は3人のジャッジを後ろから見守る立場というのもありましたが、選手一人一人のバックグラウンドも少し見えたような気がしましたし、プレゼンテーションの練習量や抽出理論や熱意などなども前回よりは感じれたと思います。
とても勉強になりましたし、たくさんのパワーをいただきました。
もちろん決勝進出率が6パーセントという、とても狭き門を上がって来た選手たちですので皆さんとても素晴らしいのですが…
それでもちょっとしたことで順位が決まってきます。
優勝した方は3回目の出場で見事に頂天を掴みとりました。僕たちのジャッジグループでの担当ではなかったのですが、もう片方のヘッドジャッジの方に話を聞くだけでもとても素晴らしかったのがすぐにわかりました。
練習や検証の繰り返しこそが大舞台に繋がり力を発揮します。
悔しい思いをされた方もたくさんおられますが、また来年もお待ちしております。

予選から参加して頂いた選手、ジャッジ、ボランティア、スポンサーの方々、そしてお店を守ってくれたスタッフに感謝して…

ありがとうございます。

最近の投稿